派遣社員と正社員の雇用条件の違い。また、それぞれのメリット・デメリットについて書かせて頂きます。

あなたの知らない派遣社員

あなたの知らない派遣社員

派遣とはどういう状態か

派遣とは、「派遣社員」・「派遣会社」・「派遣先企業」のこの3つの組織で成り立ちます。始めに、人が派遣会社に登録または、入社し、その後本人のスキルや条件に見合った仕事を派遣会社によって考慮された上で、派遣先企業をいくつか選定され、派遣されるという仕組みです。そこで、一般的に派遣と言えば、実際に派遣企業先に直接入社するよりも、「給料」・「待遇」などが良いという認識の方が多く存在します。そのことについて書かせて頂きます。

派遣社員というのは、確かに直接入社の社員に比べ、比較的月給がいいところがおおいでしょう。しかし、金銭面で比べるのは、月給だけでなく賞与もあるわけです。多くの企業は、派遣社員に賞与を出さない場合が多いようです。また、正社員には、残業をさせ、派遣社員には、残業0にさせる企業も多いようです。ですので、年棒という形でみれば、派遣社員の方が収入が少ない場合も多くあります。ですが、逆に時間単価でみると、派遣社員の方が高いことがほとんどです。また、長い目でみると派遣社員は、雇用期間が短いので、退職金はもちろん出ないところがほとんどです。給与や安定という面では、派遣社員はあまりよくありませんが、「時間」や個人の「スキルアップ」という見方をすると、正社員よりはるかに条件がいいと思います。

ネットの情報って意外と専門サイトを見逃しがち