派遣は、雇用の不安定さはあるものの、労働力不足を解消すべく、新たな人材確保しうるキーポイントとなり得ます。

あなたの知らない派遣社員

あなたの知らない派遣社員

派遣は、主婦や高齢者に最適な制度です。

派遣法が改正されて、3年間の雇用が安定するようになりました。派遣という制度が、現代の日本に欠かせなくなっている現状を考えると、さらなる法の充実が望まれます。企業にとっても働く側にとっても利益となるような制度が望まれます。労働力不足が深刻化している中で、派遣の需要は増加しています。今まで、家庭にいた主婦や高齢者の雇用が、これからの日本には必要です。しかし、主婦の仕事や高齢者の健康状況を考えると、フルに就業するかとは、現実的ではありません。子育てや介護の問題も、就業の妨げとなります。それぞれが、就業しやすい条件があります。就業の多様性と柔軟性が必要です。パートとは違う派遣のニーズは、そこにあると言えます。

主婦層を派遣によつて労働力として活用するには、しっかりとした研修が必要です。子育てなどで空いたブランクによって、就業に対する不安があります。元来、働いた経験のある人は優秀ですから、最初のステップさえ越えられれば問題なく就業できます。社会復帰をする不安を取り除き、貴重な労働力を確保するかとが望まれます。

派遣には、マイナスのイメージがあった時代もありました。正社員に比べて、雇用が不安定なことからきているのてをしょう。しかし、肯定的に考えると、家庭埋もれている貴重な労働力を生かすことができる素晴らしい制度と言えるでしょう。